ロコモティブシンドローム

こんにちは、ハーテックサロン代表の

中野雅史です

平均寿命が100歳になっても、寝たきりは嫌ですよね!

しかし、世の中便利になりすぎた反面、体を使う機会が減り、運動不足による、筋肉の低下が起きています。

これは、年配者だけじゃなく、若い人にも起きています

筋肉が低下すると、代謝が悪くなり、体温が下がり、免疫力も下がるし、内臓機能も低下します

結果病気になりやすくなったり、転倒して寝たきりになる可能性がでてきます。

だからといって、急に運動したり、体を鍛えたりしても、怪我の恐れがあるので

まずは、階段や歩く距離を伸ばす事からやってみてはどうでしょう。

また、何か気になる事があれば、いつでもご相談下さい

ここから相談する

必須あなたのお名前
必須あなたのメールアドレス
必須ご相談内容

確認ページはございません。⬇内容をご確認の上チェックを入れて下さい。