3つの幸せホルモン

こんにちは、ハーテックサロン代表の

中野雅史です

幸せを感じるホルモンには代表的な3つのホルモンがあります。

1,ドーパミン(快楽)

2,オキシトシン(愛情)

3,セロトニン(集中)

ドーパミンは快楽を求める事ででるので凄く楽しいのですが、直ぐに刺激に慣れてしまい、どんどん欲求が強くなり、最後には止まらなくなります。

悪い刺激には酒、タバコ、ドラッグ等があります。

オキシトシンは本来は母親が赤ちゃんを生んだ時等、自分以外に大切に思う気持ちを向けた時にでます。

セロトニンは興奮を静め、過剰な反応を防ぎ、安らぎを与えます

それぞれには役割があるので、どれが一番とかではないのです。

ドーパミンなら仕事やスポーツ等の競争するのに必要です。

オキシトシンは赤ちゃんを大切に育てたり、人を思いやるのに必要です。

セロトニンは芸術や研究、趣味等の集中するのに必要です。

ただ、これらのホルモンもきちんと出すためには、普段からの行動や食事の習慣の影響を受けます

バランスが何かおかしいかなと思ったら、いつでもご相談下さい。

ここから相談する

必須あなたのお名前
必須あなたのメールアドレス
必須ご相談内容

確認ページはございません。⬇内容をご確認の上チェックを入れて下さい。