マラソン(常識と理想の狭間で)

スタートすることが肝心

漫画家の「みやすのんき」という人が書いた本で、『大転子ランニング』というのがあります。私の世代ではお世話になった方も多いと思うので知ってる方もいると思います。やるっきゃ騎士等、ちょいエロで思春期に影響をうけた記憶が甦ります。
この本は、漫画家で運動もろくにしたこともないメタボの主人公が、50歳を越えてからマラソンを始め、サブスリーというフルマラソンを三時間以内で走れるようになった経緯をわかりやすく書いてある本です。。

内容としては、今までのランニングの常識とは少々違う所もあります。
しかし、漫画家さんの経験から、凄い量の資料に目を通し、そこで得た知識を、”人の動きを絵にする”観察力と表現力でまとめてあり、非常にわかりやすくオススメです。

「実際に歳をとってから行動し、結果を出している」という点で、ヤル気を引き出してくれる効果はすごいですよ。

…でもこれは、やるっきゃ騎士を読んだからかも?

ここから相談する

必須あなたのお名前
必須あなたのメールアドレス
必須ご相談内容

確認ページはございません。⬇内容をご確認の上チェックを入れて下さい。